野球受験

2020年!ドラフト最強名鑑

2020年!ドラフト最強名鑑

2020年!ドラフト最強名鑑


46人中 46人表示

やまもといつき 投手
山本一輝
180cm 80kg/左投左打
中京大(東郷高)
球速帯 136~143キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー/カーブ/チェンジアップ
コントロール率 64%
大学2年時の6月「全日本大学野球選手権大会」。リリーフのアウト9つを5三振に封じた。テークバックからリリースの寸前まで、体の向こうにボールが完全に隠れるフォームで、しかもエクステンション、つまりリリースの瞬間の踏み込んだ爪先とボールを放した指先の距離が2m3cm。思いきり打者寄りの空間でボールを放せて、打者は「体感スピード」に圧倒される。 メジャーでも2m弱という。まさに<天賦の才>だ。見えない球道。回転軸の傾きがほとんどなく回転数も2300近く。バックスピン抜群の一級品の<球質>を証明。速球と全く同じ軌道から動くチェンジアップ。<魔球>を2種類持っているようなもの。大舞台ほど実力を発揮する怖いもの知らずの左腕だ。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

もりひろと 投手
森博人
177cm 80kg/右投右打
日本体育大(豊川高)
球速帯 138~147キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/カーブ/フォーク
コントロール率 58%
高校時代は70キロもなかったはずの細い体が、大学の4年間で見違えるような筋肉量と安定感を備えた。全身のバネと肩にも強靭なバネを感じる猛烈な腕の振りから、140キロ後半の低めに伸びる速球の強さ、タテ横2種のスライダーの激しい変化に、強打者にもひるまず向かっていくガッツがキラリと光る。ゆったりテークバックをとり、一気に踏み込み体の左右を切り換えて腕を叩き下ろす。打者が思わず差し込まれる「フォームの緩急」を習得中。140キロ後半の速球の強さと、タテのスライダーの落差と鋭角的な変化。回転の少ないフォークにはチェンジアップ効果も潜む。空振りの三振を奪えるボールをいくつも用意して、後ろの1イニングで使ったら即戦力では。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

まつやままさひこ 投手
松山仁彦
177cm 80kg/左投左打
東海大(東邦高)
球速帯 136~144キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /チェンジアップ/カットボール/カーブ/スプリット
コントロール率 57%
エース・藤嶋健人(現・中日)で2016年春・夏の甲子園に連続出場した東邦高では、控え投手と「5番右翼手」をつとめた。レフトスタンドにも放り込む広角の長打力を発揮し、50m6秒0の俊足で三塁打も多く放ち、むしろ「打者」としての将来性を感じていたが、大学進学と同時に「投」に専念。3年春のリーグ戦から登板し、サイド気味の角度と小さなテークバックでボールのリリースが見にくいフォームから、スライダー、カットボール、チェンジアップとの緩急で、結構奪三振の多いサウスポー。昨年6月の大学選手権、9イニングのロングリリーフを1安打14奪三振。心身のスタミナに驚いた。先輩で巨人のリリーフエース・中川皓太の投球スタイルがそのまま重なる。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

まきしゅうご 二塁手
牧秀悟
178cm 92kg/右投右打
中央大(松本一高)
50mタイム 6.4秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
左打ちの学生球界№1スラッガーが近畿大・佐藤輝明三塁手なら、右打ちの№1バットマンはこの牧秀悟になろうか。1年秋からクリーンアップに抜擢されて、昨年は春のリーグ戦が0.400で首位打者、秋は0.361で2季連続ベスト9に選ばれる。チームでは不動の4番、学生ジャパンでもすでに<常連>で主軸を任される。ファーストストライクをひと振りでジャストミートできる技術と、ボールに逆らわず痛烈な打球を広角に飛ばせる能力は大学球界トップクラス。昨年暮の学生ジャパンの候補合宿でも、一日じゅう続く紅白戦で、夕方になってもジャストミートの精度が変わらない長続きする集中力に舌を巻いた。併殺プレーの動きもそつなくこなし、三塁も守れる。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

おおばたつや 遊撃手
大庭樹也
183cm 79kg/右投右打
専修大(明豊高)
50mタイム 6.0秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
ダイヤモンドが狭く見える華麗なフィールディングは、精度も高い。足長なのに腰が割れるし、柔軟な身のこなしでダイナミックに動けて、正確で強いスナップスローができる。以前なら石毛宏典(西武)、金子誠(日本ハム)、今なら坂本勇人(巨人)か…プロ球界で活躍した華のあるプレースタイルの大型遊撃手たちのイメージが重なる。無理やり振り回さないスイングスタイルにも好感が持てて、インパクトでボールを包み込むような柔らかい捉え方から、右中間、左中間へライナー性の長打を飛ばし、三塁打にもできるスピードも兼備している。「遊撃手」のレギュラーが固まりきっていない球団、今のレギュラーが過渡期を迎えている球団。人気が高まりそうな状況だが…。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

おがわりゅうせい 遊撃手
小川龍成
172cm 72kg/右投左打
國學院大(前橋育英高)
50mタイム 5.9秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
守備範囲に飛んでくる打球は、いつも当然のようにさばいてアウトにしていく。スーパープレーはなくても、バッテリーが打ち取ったと思った打球は間違いなくアウトに。高校の頃から「間違いのない守り」のできる遊撃手だった。安心して見られるフィールディングは、すでにプロ級の域に達している。ディフェンスなら、学生球界トップ3に入る遊撃手に成長した。決して急ぎ過ぎない捕球→送球で、まずポカがない。併殺時の二塁手への球出しのタイミングと、相手の動きに合わせようとするコミュニケーション能力。振り向きざまにロングのバックホームもストライクできめるカットプレー。これだけの野球センスが「打」に生きないわけがない。打の伸びしろに期待。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

いそばたりょうた 中堅手
五十幡亮汰
172cm 70kg/右投左打
中央大(佐野日大高)
50mタイム 5.6秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
中学時代に陸上200mでサニブラウンを負かしたことは有名だが、大学生の1、2年までは、まだまだ「陸上部からの助っ人」的な素人っぽさが残っていた。もの足りなかったバッティングのインパクトの強さと、投手に対する威圧感が、昨年あたりから別人のようにアップ。すっかり「野球選手」らしくなってきた。インパクトに力感が増して、140キロ台もパチンと強い打球で弾き返し、失投を1球で長打に仕留める怖い打者になりつつある。「サニブラウンを破った男」のキャッチは、野球には関係ない。いかにスピーディーに四角く走れて、盗塁のスタートがきれるのか。その点でも、十分プロ級にレベルアップ。大阪ガス時の近本光司(阪神)のレベルに接近していた。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

さとうてるあき 三塁手
佐藤輝明
186cm 92kg/右投左打
近畿大(仁川学院)
50mタイム 6.1秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
高校時代は全く無名の存在。最後の夏も1回戦敗退だから無理もないのだが、全国から優秀な選手たちが集まる近畿大で、入学直後からレギュラーに抜擢されたから、誰かと思った。持ち前の長打力を発揮しながらじわじわと腕を上げ、ここまでリーグ戦11本塁打。とうとう学生球界を代表する長距離ヒッターにのし上がった。打つだけじゃない。昨季は外野以外に三塁も守って、大柄な体を持て余さぬ身のこなしと、正確なスナップスローも体現。ショートもやれば出来るんじゃないか…セカンドをさせたら、今までの日本球界に1人もいなかったような「超大型二塁手」になれるのでは…。左中間突破の一打を三塁打にできる俊足も併せて、何通りも妄想がふくらむ逸材だ。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

ありむらたいせい 投手
有村大誠
185cm 88kg/右投右打
立命館大(秀岳館高)
球速帯 138~148キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カーブ/フォーク
コントロール率 62%
高3夏の甲子園、準々決勝の常総学院戦。3点リードの9回2死満塁。絶体絶命の大ピンチでリリーフのマウンドに上がり、タテのスライダーでバッサリ三振に斬ってとって、見事きり抜けてみせた。それまでが、今一つ頼りなかっただけに、そのへんがこの投手の大きな「ターニングポイント」になったのでは…その後、大学4年間の躍進ぶりがすばらしい。豪快に投げ下ろす腕の振りに<自信>がにじむ。1足分ほどインステップしてもどっしり支える磐石の下半身。150キロ前後の速球にタテのスライダー、大きな落差が武器のフォークで勝負。2年秋防御率0.67、3年秋0.92…2度の防御率トップは、確かな実力の証明。今週次第では、一気に上位(1、2位)候補にも。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

むらかみしょうき 投手
村上頌樹
175cm 75kg/右投左打
東洋大(智弁学園高)
球速帯 138~148キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー/カーブ /フォーク/チェンジアップ
コントロール率 68%
高校3年春のセンバツ、5試合連続完投の快挙で全国制覇。140キロ前後のスピードでもスピン抜群の球質。その速球と同様の腕の振りからチェンジアップを、両サイドにも高低にもできて、<ベストボール>が9回にも投げられるタフな心身。そんな<下地>を、そのまま大学でレベルアッア、パワーアップさせた。アマチュア球界に、こんなに欠点のない投手はほかに見当たらない。常時145キロ前後のスピードと、変化点の近いスライダーに必殺フォーク。多彩な球種のそれぞれに球速差をつけるさじ加減がにくい。すべての球種を両サイドに制御できて、3ボールからも粘れて四球を出さずに踏みとどまれるから、「先発・完投」を任せられる。欠点なしが欠点になるのか。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

きざわなおふみ 投手
木澤尚文
183cm 78kg/右投右打
慶應義塾高(慶應義塾大)
球速帯 145~155キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/スプリット
コントロール率 62%
昨秋ドラフト3位で楽天に入団し、1年目からリリーフ陣の一角として奮投する津留崎大成が慶應高の1年先輩。当時から「器ならずっと上」との評判だった。3年春に右ヒジ靭帯損傷。高校時代の不完全燃焼を、大学での実戦にぶつける。均整抜群の体躯と50m6秒そこそこで走る身体能力と強靭なバネが、まずすばらしい。コンスタントに150キロ前後をマークする速球を続けられるパワーもすばらしい。カットボール、スプリット、ツーシームが140キロ前後の高速で動いて、速球と同じ猛烈な腕の振りから投げ込んでくるので、思わずスイングを誘う。テークバックをコンパクトにして、肩・ヒジの負担を小さくとどめるフォームも身につけ、気迫満点の投球で臨む。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

やまのたいち 投手
山野太一
172cm 74kg/左投左打
東北福祉大(高川学園)
球速帯 138~149キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 チェンジアップ/スライダー /カットボール/カーブ
コントロール率 64%
左腕特有のぎこちなさがまるでなく、抜群のボディバランスでどっしりと投げ、数字より大きく見えるマウンド姿。小柄でも球筋に角度があって、快速球が右打者の懐をえぐる。球道を最後まで見届けて、ピッチャー返しの処理はプロ級の鮮やかさだ。半身を長くとれてジワ~ッと踏み込み、球持ちの良さと球筋の見にくさが抜群だ。わかっていても捉えきれないスライダーでカウントを奪って、絶品のクロスファイアーとシンカーで勝負を賭ける。昨季は、春・秋をまたいで70イニング3分の1無失点をマーク。1年時から全国の大舞台や国際試合の経験も数多くこなして、打者の打ち取り方、試合の作り方に優れた<感覚>を持っており、これが彼の「実戦力」になっている。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

うだがわゆうき 投手
宇多川優希
184cm 95kg/右投右打
仙台大(八潮南高)
球速帯 143~151キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 カーブ/スライダー/フォーク
コントロール率 55%
高校3年夏の県予選、たまたま完封勝ちした記事新聞で読み、次の試合を見に行った。長い手足を伸びやかに躍動させて140キロ前半…好環境でトレーニングを重ねたら、どんな剛腕に生まれ変わるのか?楽しみにしていたら、 「東北」で素質開花。3年間で体重が20キロほども増量。150キロに達した剛速球にスライダー、フォークを交えて圧倒する試合もあるが、強敵相手や「全国」の大舞台でもそれが体現できる場面を見てみたい。そこが、この「大器」の今年の正念場。パワーアップしても、パワーピッチャーじゃない。全身の柔軟性抜群で、「エイ!ヤー!」ではなく、全身の豊富な運動量から投げ込んでくる剛球は、腕が一瞬遅れて出てくる分、タイミングが難しい。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

おおみちはるき 投手
大道温貴
178cm 78kg/右投右打
八戸学院大(春日部共栄高)
球速帯 142~152キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/カーブ/チェンジアップ
コントロール率 62%
絶対的存在・高橋優貴(現巨人)の抜けた後の昨季、右のエースとしてチームを支えた。140キロ前半でも、打者が150キロに振り遅れたような空振り。真上から投げ下ろすのに、アンダーハンドの速球のようにホップして見えるバックスピン。7、8分の力感で投げた時の速球は両サイドに制御も効いて「生命力」抜群だ。真下に落下する落差の大きなカーブと、タテのスライダーも必殺ものだ。今春、150キロ台に達して、体感スピードで勝負するタイプだったのが、それにスピードガンの表示が追いついてきた。昨秋からのトレーニングの成果だ。体がパワーアップしたぶん、首を振って無理して投げなくなって制球力も安定。学生球界有数の快腕にレベルアップしてきた。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

えんどうきせき 投手
遠藤暉世己
187cm 87kg/右投右打
青森大(稚内大谷高)
球速帯 138~147キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー/カーブ
コントロール率 58%
高校時代は「3番一塁手」が本業だったが、当時、186cm84kgのサイズでストライドの大きな推進力の強い走りができて、柔軟な身のこなしとしなやかな腕の振り…「投手」としての潜在能力が見え隠れしていた。大学入学と同時に投手一本に。2年間かけて体を作り、昨年3年時から抑え役として奮投し昨春はリーグ優勝。長身から投げ下ろす速球は好調時には150キロ近く、打者をヘッドアップさせて、真タテに落下するカーブと鋭く落ちるスライダーを交えて三振を奪う。昨秋リーグ戦では26イニング33奪三振…奪三振率も高い。無類の練習熱心も将来性だ。隠れていた自らの才能に気づき始めて、今が伸び盛り。本人もこれまででいちばん野球が楽しい時期だろう。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

いりえたいせい 投手
入江大生
187cm 83kg/右投右打
明治大(作新学院高)
球速帯 138~148キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/カーブ/フォーク
コントロール率 56%
忘れられないのは、高校3年夏の甲子園。全身をしならせるようなスイングからレフト上段まで運んだ140m弾。優勝までに3試合連続ホームラン… 2年前の智弁学園・岡本和真(現巨人)を追いかけていける和製大砲の誕生だと喜んだら、明治大進学でスパッとバットを捨てたから驚いた。2年間、基礎体力を養成して、昨秋からリーグ戦の投球が輝き始めた。145キロ前後の速球に右打者の腰を引かせる変化点の近いスライダー。ピンチに一気にテンションアップする投げっぷり。一時は1年後輩の竹田●●(履正社)がエース格の勢いだったが、「オレを忘れるな!」と腕の振りに怒りがこもっていた。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

なかがわはやて 投手
中川颯
184cm 80kg/右投左打
立教大(桐光学園高)
球速帯 133~140キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 カットボール/カーブ/シンカー
コントロール率 58%
183cmの長身でこれだけ潜れるアンダーハンドはちょっといない…と驚いた高校時代。テークバックで両肩の線が地面に垂直近くに潜れて、重心の低さ、足腰の粘り、腕の振りのしなやかさ、本物のアンダーハンドの資質満載だった。一方で、しなやかでコンパクトな振り幅で振り抜いてライナーで右中間突破。「アンダーハンドの大谷翔平」が現れたと思った。美しい「サブマリンライン」は高校時と変わらず、あともう一瞬、浮上のタイミングを遅らせることができれば、前でリリースできて、打者を差し込める速球が投げられるのだが…。大学当時、130キロ前半だった専修大・高橋礼が、ソフトバンクの2年間で145キロ前後に増速。間違いなく、足跡を追える存在だ。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

いまにしたくみ 投手
今西拓弥
200cm 90kg/左投左打
早稲田大(広陵高)
球速帯 138~145キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/チェンジアップ
コントロール率 63%
2mの超・長身の左腕で、上手にまとめた身のこなしと器用な左腕のたたみ込みができる。140キロ前半でも抜けたボールがほとんどなく、指にかかったボールを低いゾーンに集められる。ここまでで、十分に「天才」と言ってよい。超・長身のスリークォーター、それだけで「見にくさ」というアドバンテージを持ち、長いリーチを器用にたたみ込んで腕の振りにスピードをつけているので、タイミングが難しい。クロスファイアーの球筋は、わかっていても手が出ないはず。大学4年間に、少しずつ少しずつパワーアップしている…その「成長曲線」がいい。地に足の着いた成長…そんな表現でよいだろう。「ドラ1」と言い切るスカウトがいるのも、ぜんぜん不思議じゃない。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

しばたじん 投手
柴田迅
178cm 77kg/右投右打
早稲田大(早稲田大学高等学院)
球速帯 137~149キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/チェンジアップ/カーブ
コントロール率 63%
「ドラフト候補名鑑」の中に、母校(早稲田大学高等学院)の名を記せる幸せ。この仕事、長くやっているが、この投手が初めての<経験>になる。高校時代は、「学院野球部史上最高」の快腕と評されるものの、全国的には全くの無名。「早稲田大学野球部」で育てていただいた。3年時から、短いイニングのリリーフでコツコツ実績を重ねて、チームの信頼を得た。アッと思ったら、入られていて…東京六大学の強打者たちが嘆くほどのバックスピン抜群の速球の<質>がすばらしい。打者の顔色を見計りながら、器用に投げ分ける多彩な変化球で、タイミングを外してフルスイングを許さない。ピッチャーだなぁ…と唸らされる。プロか、パイロット…学院生らしい。頑張れ!

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

はやかわたかひさ 投手
早川隆久
180cm 76kg/左投左打
早稲田大(木更津総合高)
球速帯 143~150キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/チェンジアップ/ツーシーム
コントロール率 65%
しなやかな身のこなしから、目一杯打者寄りでボールを切って、130キロ前半でもどん詰まり。プレート一塁側から厳しい角度で投げ込むクロスファイアーの威力は無敵だった高校時代。速い球を投げようとし過ぎないから、逆に打者がスピードを感じていた高校時代から、大学4年間で著しくパワーアップ。150キロの大台に届いて、鋭くすべるスライダーにチェンジアップとツーシーム。これだけあって左腕なら、打たれるわけない…のがなぜか打たれる。力を入れて投げるようになって、体の開きが早くなったか。昨秋以降、特に速球を痛打される場面が何度か。投手の仕事は、打者のタイミングを崩すこと。「強弱」で遊べるようになれば、新たな「投の世界」が広がる。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

やまざきいおり 投手
山﨑伊織
181cm 76kg/右投左打
東海大(明石商業高)
球速帯 144~153キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/カーブ/フォーク
コントロール率 58%
柔軟でしかも強靭な腕の振りは、才能以外の何物でもない。セットポジションからもアベレージ140キロ後半の快速球と135キロ前後の落ちるスライダーとカットボールは、プロで勝負球になる切れ味だ。昨秋は43奪三振をマークして、春・秋連続MVPの快挙を果たしたが、駒を進めた明治神宮大会で登板できなかった右ヒジ痛の具合が気になっている。疲れのせいか、体のキレが乏しくなったぶん、テークバックが大きめになって、体を振って反動で投げようとしていたような…ヒジが低くなって、アーム気味の頭から離れた腕の振りになっていたように見えた。本人、絶対の自信を持つ快速球とスライダー、カットボール…投球の<芯>を持った投手はやっぱり強い。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

いとうひろみ 投手
伊藤大海
176cm 82kg/右投左打
苫小牧駒大(駒大苫小牧高)
球速帯 143~146キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー/カットボール/カーブ/ツーシーム/フォーク
コントロール率 63%
駒大苫小牧の高校時代から指のかかりが違っていた。関節2つ分は指がかかっているようなグーンと伸びる体感の剛速球が低めにもガンガン。さらに、大舞台でも平然と投げられる大物感。2年春のセンバツでは、創成館を3安打完封していた。大学2年時の全日本大学選手権では、すでに2年後の「ドラフト1位」が約束されていた。空振りさせた速球がスイングの上方を通過する猛烈なバックスピンは、偉大な先輩・田中将大投手のようだった。「試合前のキャッチボールを見て、もうダメだと思った」…完璧に封じられた相手監督が嘆いた。唸るような剛速球だけじゃない。すべてストライクゾーンで操れる多彩な変化球には、今季フォークが加わり、さらに難攻不落の存在に。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


かんの たもん 二塁手
菅野赳門
175cm 76kg/右投左打
JR東日本東北(駒澤大)
50mタイム 6.1秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
選手たちを圧するプレッシャーは「本戦」以上といわれる都市対抗予選で、ルーキーながら3試合で14打数7安打6打点、本塁打も放ってリードオフマンの大役をあっさりこなした昨夏。シーズン通しても、チーム№1の0.361の高い打率をマークして、コンスタントな働きでチームに貢献した。仕掛けの早いバッティング…ファーストストライクから果敢にフルスイングできて、高い精度で痛打、快打にしてみせる。それが、試合開始早々の第一打席なら、相手に与える動揺は大きく、「ヒット1本」以上の精神的な打撃を加えられる。出塁率が高くて、小技が効いて、進塁打が打てる。二遊間をどちらも同様のレベルでこなす。こういう選手がベンチにいる安心感は意外と大きいものだ。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

まえのよしひろ 外野手
前野幹博
185cm 85kg/右投左打
ヤマハ (PL学園高)
50mタイム 6.2秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
入社した当時は、いずれプロでクリーンアップを打てる選手と見ていたが、いつの間にやら今季7年目。当たればプロより飛ばすみたいな当てになるような、ならないような、いわゆる「一発屋」だった時期が長かったが、昨年あたりからようやく実戦のここ一番で飛び抜けた長打力を発揮して勝利を呼び込む<主軸>の働きを果たせるように。ツボが出来たように思う。真ん中ないしはやや内寄りの低め。ややアッパー気味のスイング軌道がハマって、見えなくなるほど飛んでいく。そんな場面に何度か出会った。三塁との掛け持ちから、ライト専従になって、動きが大胆になって、エンドラン3進を阻止できるスローイング能力を発揮。今季さらにもうワンパンチを。 

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

ほったあきら 投手
堀田晃
180cm 83kg/右投右打
西濃運輸 (大阪学院大)
球速帯 142~150キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー/カーブ /フォーク
コントロール率 65%
高校から大学に進学して、大学から社会人に就職して、野球のレベルが間違いなく1ランク上がっているのに、すぐにローテーションに入って実戦の戦力になれてしまう。「突き抜けたセンスを有する者は、より高い次元に置かれた時ほど、実力を発揮する」。これは、私の「天才論」だが、それを地で行くような大学・社会人の7年間だった。社会人の最初の2年間は「先発」で中盤まで試合を作り、一転、昨季は「リリーフ」で試合終盤のしめくくり役を担った。1イニング限定で投げた時の速球の<唸り>はすごかった。合間にフォークを時々はさむぐらいの、ほぼ140キロ後半一本。ホームベース上でグーンと加速するような体感は、自信に満ちた腕の振りだから余計に効いた。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

なかのたくむ 遊撃手
中野拓夢
172cm 67kg/右投左打
三菱自動車岡崎(東北福祉大)
50mタイム 5.8秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
左から右へ流れるような身のこなしでゴロをさばき、一塁手の顔面集中の捕りやすい正確送球。二塁ベースカバーで逆を突かれても、一転、体勢を切り換えして打球のコースに入っていく反応の鋭さとスピード感がすばらしく、強い打球もソフトに球勢を殺して捕球できるグラブさばきのセンスは間違いなく「プロ仕様」だ。大学当時は、「二塁手」として上手いなぁ…と見とれたが、社会人1年目の昨季は、「遊撃手」として、それ以上の才能を感じたものだ。無名の存在として三菱岡崎に入社、地道な努力で確かなスキルを獲得してプロに認められ…チームの先輩・山野辺翔(現西武)の足取りが重なってくる。1、2番タイプのように見えて、打席の捕手寄り、「スラッガー」の立ち位置からの鋭いスイング。抜群の瞬発力とバネは抜群。打者としての意地も見える。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

いしぐろりょう 外野手
石黒凌
180cm 83kg/右投右打
日本製紙石巻 (星槎道都大)
50mタイム 6.1秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
プロが求めている右打ちのスラッガーとして、今季のドラフトの有力候補の一人だ。強烈なフルスイングとガツンと振り抜こうとする意欲が魅力だけに、強引に振り回す粗さもあったが、2年目の昨夏、都市対抗の東京ドームで低めのスライダーを逆方向のライトスタンドに持っていった打ち方には驚いた。まさに、「インサイドアウト」。体の内側からバットヘッドを走らせ、強く振り抜いたスイング軌道。左方向への長打は、あってもすでに普通のことになっている。打の世界が広がった。この選手の「打の次元」がワンランク高まった瞬間だった。内野手がいつでもカットできる高さで、送球がぐんぐん伸びる鉄砲肩に俊足も兼備して、社会人3年目の今季、背水の陣でドラフト戦線に臨む。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

まつもとりゅうや 投手
松本竜也
177cm 85kg/右投右打
ホンダ鈴鹿(智辯学園)
球速帯 138~148キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/カーブ/フォーク
コントロール率 64%
高校3年のセンバツで熊本工を3安打12奪三振で完封。1年上にセンバツ優勝投手・村上頌樹(現・東洋大)を見て育ったせいか、パワーはあるのに振り回そうとせず、丁寧に投げ進めるスタイルに好感を持っていた。力任せにならず、変化球や制球力に欠点の少ない投手だったから、社会人1年目から日本選手権・準々決勝に先発。社会人2年間の昨季も、パワーアップしているはずなのに、それでも決して力に頼った投げ方にならず、リリースに全身の力を瞬発させるスタイルで、体感速度は目測145キロ前後。低めが生命力を失わずグッと来るのは財産。スライダー、カープでサッとカウントを奪う技術も身につけつつ、今季はプロ待望の<150>の大台に乗せた。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

ゆあさしょうた 遊撃手
湯浅翔太
181cm 78kg/右投左打
七十七銀行 (城西国際大)
50mタイム 6.1秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
大学時から全国の舞台も多く踏んで経験値も高く、走・攻・守高いレベルで三拍子そろった遊撃手。緩急にも対応できて、確実なミートでライナー性の痛打を見舞う。学生当時は、ボールになる沈む系を追いかけて打ち損じていたが、社会人2年間で解消傾向。打ち取りにくい打者に成長。三遊間からも高い精度で一塁に刺せる強肩は、間違いなくプロ級。大型遊撃手でも、全身を小さくまとめて左右に動けるメカニズムを持ち、大味感はまったくなし。初見の投手相手にも、最初からスタートがきれる走塁のカンとスピードも兼備。あとは、何がなんでもプロで!の意欲をどこまでわかりやすい形でアピールできるか。なりふり構わぬ、ガムシャラさがほしい。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

もりいげんと 投手
森井絃斗
184cm 94kg/右投右打
せガサミー(板野高)
球速帯 142~150キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/カーブ/フォーク
コントロール率 63%
こういう言い方は失礼かもしれないが、こんな田舎の無名の投手が、なんと高い意識で野球をしているのか…エースとしてチーム全体に目を配り、気を配りながら140キロ後半の速球と変化球を低く集め、接戦の終盤には、セフティバントで出塁しようと一塁にヘッドスライディングまで敢行。そういう投手だから社会人デビューも早いだろうと思っていたら、2年目の昨季から公式戦の先発登板。今春の公式戦では9回途中まで2点に抑えて、成長の跡を見せた。アベレージを140キロ後半に伸ばし、勝負球の130キロ後半の高速フォークが2種、鋭く落ちる。同期の本格派右腕・飯田大翔(21歳・178cm86kg・右投右打・長崎海星高)と共に、今季の台頭がとても楽しみ。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

いとうゆうすけ 投手
伊藤優輔
178cm 80kg/右投右打
三菱日立パワーシステムズ (中央大)
球速帯 140~150キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー/カットボー ル/チェンジアップ/カーブ/フォーク
コントロール率 61%
都立高のエースとして甲子園に出場し、進学した中央大でも故障と闘いながら「激戦・東都」のリーグ戦に奮投。間違いなく「持っているヤツ」だ。三菱重工長崎との合併でサバイバル激しいチーム事情の中でも、ルーキーイヤーの昨季から、浜屋将太(現・西武)と共に左右の二本柱としてチームを支え、高レベルの社会人の公式戦で防御率2.57なら、実質「新人王」に匹敵する。好調時の140キロ後半は、まさに唸って来る剛速球だ。ひたすら、速球で押し続ける若々しいピッチングスタイルは大きな魅力だし、豊かな将来性。2年目の今季は、公式戦で痛い目にも遭いつつ、150キロ台へのパワーアップも期待していた。器として「ドラフト1位」を望める剛腕だ。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

たかせゆうだい 遊撃手
高瀬雄大
179cm 75kg/右投左打
明治安田生命 (明治大)
50mタイム 5.8秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
中央では誰も知らないような存在だった高校時から、エースで4番で、内野も外野も高い水準で守れて、身体能力抜群…あり余るほどの素質がいったいどこで開花するのか、ずっと楽しみにしていた。実戦の機会少なかった学生時代から社会人で「1番ショート」に抜擢されて、水を得た魚の如く野球が輝いていた昨季。すぐにレギュラーで使ってもらえるチームに進んだのがよかった。出色の野球センスと身体能力が、実戦を重ねるごとに輝きを増す。今年の「注目株」の一人だ。本能で動いて理にかなった身のこなしに。プレッシャーMAXのはずの都市対抗で、1年目の初戦から3打数3安打2打点の四球を2つで全打席出塁。しっかりハラの据わった「九州男児」のようだ。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

かわせこうさく 投手
川瀬航作
182cm 87kg/右投右打
新日鐵広畑(京都学園大)
球速帯 138~145キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー/ツーシーム/カーブ/ スプリット
コントロール率 63%
経験者でもヒザが震えると聞く都市対抗予選で、1年目の昨季から21イニング投げて、わずか1失点。代表決定戦では、強敵・NTT西日本を完封してしまった「怖いもの知らず」だ。大学当時から「オレが打たれるわけがない…」と本気で思いながら投げているはず。リーグ戦ではMVPを2回、当たり前のようにリーグ優勝を繰り返し、「神宮」での大舞台も3回出場している。<無名>でも、経験値は人一倍だ。一気に胸まで引き上げる左膝の高さに<闘志>を感じる。サイドから145キロ前後の速球なら、勝手に動いて天然の変化球に。逆に、激しく動くツーシーム、スプリットを低く沈められるのも高い実戦力だ。おそらくは、研究され尽くす今季。進化が問われる。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

おちたつや 外野手
越智達矢
179cm 79kg/右投右打
日本生命(明治大)
50mタイム 6.2秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
通算47本塁打の高校当時も、3年生からレギュラーを獲得した大学時も、「4番」しか似合わない…そんな存在感を漂わせ、タイミングが合えば長打の怖いバッターだった。社会人1年目の昨季も、都市対抗の本戦から4番に抜擢され、打線の主軸を期待された英才教育を大舞台で実践。まだまだコンスタントな<結果>は得られず、試合ごとに打の質は波が激しいが、昨秋の日本選手権・東京ガス戦では3ランと二塁打、4安打5打点の<爆発力>。勝負強さを兼備したスラッガーとして、非凡さの片鱗と見せてくれた。大学時からプロも熱く注目するのは、貴重な右打ちのハードパンチャーだから。守備力も含め、総合力としてプロの定位置を狙える選手だけに、一層の奮起を。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

いけやそうた 投手
池谷蒼大
174cm 77kg/左投左打
ヤマハ(静岡高)
球速帯 136~145キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/チェンジアップ/カーブ
コントロール率 63%
痛めていた腰がパンとなってからは、小柄で非力そうに見える体で、キャッチボールのようにヒョイと投げたボールがギューンと伸びていって、当時、高校球界トップクラスの打者だった同僚の鈴木将平(現・西武)すら、ミートポイントを掴めず四苦八苦していたものだ。「3年でプロへ!」の意気込みで社会人に進み、勝負の3年目だ。昨季は都市対抗予選、本戦にリリーフで登板。1イニングでも三振を奪いながら0点で抑え、持ち味のクロスファイアーとスライダーが軽快なテンポのピッチングで冴えてきた。長いイニングのリリーフから先発陣の一角へ。小柄でも投げるパワーとリリースの指先感覚は一級品。「生きたボール」を投げられる数少ない左腕に進化中だ。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

もりしょうへい 投手
森翔平
184cm 85kg/右投右打
七十七銀行 (國學院大)
球速帯 138~146キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー/カットボー ル/カーブ/フォーク
コントロール率 58%
「楽天・森雄大投手の弟」…そういう表現でしか語られなかった大学当時まで。手足が長くて、ストライドの大きなランニングフォームを見ると、全身のバネの強さや柔軟性は間違いなく一級品。恵まれた素質が社会人の2年間の努力で開花しつつある。体があっさり開いて、腕と頭が離れた状態で腕を振っていたフォームが、右肩を打者に向けている時間が長くなり、半身の姿勢で踏み込んで、最後の最後に一気に体の左右を切り換えす。<王道>の投球フォームを身につけつつある。145キロ前後にスピードアップした速球にカットボール、フォークを主な武器にして、フォームが良くなって打者目線からすれば、リリースがすごく見にくくなった。大輪の華が開花目前だ。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

くりばやしりょうじ 投手
栗林良吏
177cm 80kg/右投右打
トヨタ自動車(名城大)
球速帯 142~151キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/チェンジアップ/カーブ/ツーシーム/スプリット
コントロール率 62%
大学時は、大きな故障もなく、いつもコンスタントなピッチングでリーグ戦通算32勝。エースの座を4年間全うしてみせた。「きのう今日」のヤツじゃない。こういう選手は信用できる。ルーキーですでにエース格の投球を披露してみせた昨季、初めての都市対抗の大舞台でも、試合巧者・三菱自動車岡崎を7回途中まで2安打7奪三振の無失点に抑え、確かな「実戦力」を証明してみせた。カットを見せて140キロ前半の速球を速く見せ、落下スピードの速いカーブかフォークで勝負。速球にもカウント球と勝負球で出力を変えて、ここ一番で一気にギアチェンジ。メリハリの効いた投げっぷりが光る。新兵器のカープは垂直落下して空振りが奪え、「プロ」への準備は整った。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

あいざわりょうすけ 中堅手
逢澤崚介
175cm 77kg/左投左打
トヨタ自動車(明治大)
50mタイム 5.8秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
高校時から<指定席>はリードオフマン。しかし、そのバッティングスタイルはどう見ても「スラッガー」。実際に、タイミングが合えば、当時からプロ級の猛烈打球を飛ばしていた。「選球眼」には2通りある。ストライクとボールを選り分ける眼と、打って快打になるボールを選んで快打として弾き返す眼。前者は大学時から一級品で、立上りの先発投手をグラリとさせていたが、今季は「後者」をさらに磨きたい。まだ勝負が淡白。足や小技も駆使し、投手に嫌がられる存在になりたい。せっかくの鉄砲肩なのに力任せなスローイングが勿体なかった学生時代。一発勝負のトーナメントの世界に戻り、より高精度のプレーを要求されたはずだ、守備ワークはずいぶん丁寧になった。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

こくぼきよし 投手
小久保気
179cm 83kg/右投左打
西濃運輸 (四国学院大)
球速帯 136~145キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/チェンジアップ/カーブ/フォーク
コントロール率 61%
2017年の全日本大学選手権、試合前のキャッチボールと遠投で、「これはいいピッチャーだな…」と心がときめいた。テークバックから体重移動にかけての<間>が実にいい。じわーっとゆっくりとタメが効いて、踏み込んで一気に腕を振り下ろす。このタイミングは、<初見>では苦労するぞ…と見ていたら、東北福祉大の強打線があれよ、あれよの5安打完封。ピシャリ捉えられた長打は1本もなかった。この右腕が「全国区」に躍り出た瞬間だった。社会人でも入学後まもなくローテーションの一角を占め、高レベルの「東海」でも有数の快腕に台頭した。やはり、持ち味は<間>だ。140キロ後半の速球とフォークでバッテリー間の「タイミング」を支配して打者を翻弄する。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

みやうちはるき 投手
宮内春輝
176cm 76kg/右投右打
日本製紙石巻 (明星大)
球速帯 138~146キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー/カットボー ル/カーブ/フォーク
コントロール率 58%
高校、大学当時は全く無名の投手が、社会人に進んだ途端に、1年目からチームの「守護神」として奮投。人の一生の<ちょっと先>なんて、わからない。昨夏はルーキーながら補強選手として都市対抗に出場。間違いなく野球人生最大の「ひのき舞台」だったにも拘らず、全く物怖じすることなく、ほとんど速球一本のイキのいいピッチングを披露して、周囲を驚かせたものだ。サイドハンドよりちょい低めの腕の角度から、リリースの一瞬の瞬発力がすばらしく、140キロ前半の速球を打者がものすごく速く感じている。打てるものなら!の気迫と投げっぷり、マウンド度胸…昨季は怖いもの知らずの勢いがあった。投球イニングも増え、研究もされるはず。今年の注目株だ。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

みねもとたくみ 二塁手
峯本匠
173cm 78kg/右投左打
JFE東日本 (立教大)
50mタイム 6.3秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
高校時、相手外野陣が深く守っているその頭上を痛烈な打球で抜いていくバッティングを見て、「天才だな…」と唸ったものだ。「東京六大学」なら、二度ぐらい三冠王を獲得してもぜんぜんおかしくない…そう思ったら、なかなか持ち味を発揮できぬまま、大学4年春には左足ヒ骨骨折。「終わったか…」の懸念は、新たにノビノビ野球ができる環境を得て、一転、野球人生が開けてきた。1年目から元気いっぱいに「3番セカンド」に定着。都市対抗では特に準決勝、決勝の正念場で快打連発。より大きな舞台でこそ、実力を発揮する野球技術、勝負根性は文句なし。初優勝の原動力の一翼を担って、若獅子賞(新人賞)を獲得。今季は、さらにコンスタントな結果の上積みを。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

ひらやまかい 三塁手
平山快
181cm 88kg/右投右打
JFE東日本 (東海大)
50mタイム 6.5秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
東海大相模でも、東海大でも、「4番・平山」のイメージしかない。それでいて、派手な活躍の記憶がないのも、この選手の特徴かもしれない。実際には、最後のリーグ戦で「三冠王」に輝いており、目立たないけど、いてくれるとこんなに頼りになる「仕事師」もいない。そういうタイプだ。「4番を打ってもらうために獲った」と落合成紀監督が言いきるだけに、新人とは思えない落ち着きと貫禄が漂った昨季。確かなインサイドアウトのスイング軌道から、正面の打球でも野手が腰を引く打球スピード。都市対抗の準決勝、決勝では5安打3打点…勝ち越し二塁打に本塁打と大暴れした。高校、大学、社会人とトップレベルの大舞台でもまれた経験値の高さと実戦力で勝負だ。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

ささきたける 投手
佐々木健
179cm 84kg/左投左打
NTT東日本 (富士大)
球速帯 143~148キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/チェンジアップ/カーブ
コントロール率 44%
身長のわりに腕が長く見える腕の振りで、その運動量がすばらしい。スピードボールを投げるメカニズムは飛び抜けたものを持っているが、抜群のパワーを全身のボディバランスが制御しきれない。それが「現状」ではないか。1年目の昨季は、立ち上がりで「マウンド」の感覚を掴めないうちに連打、四死球で崩される場面が何度か。数少ない<飛び道具>のスライダーを、ヒジから先で曲げようとして打者にわかってしまうのか、真っすぐの狙い打ちを食らうのが惜しかった。指にかかった時の140キロ後半は、間違いなくプロでも空振りの三振を奪える球威。巧妙な一塁けん制は大きな「戦力」になる。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

いまがわゆうま 外野手
今川優馬
176cm 84kg/右投右打
JFE東日本 (東海大北海道)
50mタイム 6.2秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
高校時は甲子園に出場しているのにレギュラーには届かなかったが、大学の後半あたりから、目の前のモヤモヤが一気に晴れたように、ブンブンバットを振れるようになった。そして昨年、社会人1年目の大活躍が、この選手の「野球的人生」を一変させた。練習して上手くなった自覚があるのだろう…努力を惜しまぬ姿勢は、それ自体、将来性だ。打球に角度をつけて弾き返す彼特有のスイング軌道から、レフトにも右中間にも放り込む。時に投手を威嚇するようなオーバースイングもあるが、これは計算づくだ。追い込まれると、コンパクトな振り幅から鋭く振り抜いて精度を上げる怖い打者だ。今年は警戒される。内を突かれ、誘い球も増える。今季に真価が問われる。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

かたやませいぞう 一塁手
片山勢三
176cm 105kg/右投右打
パナソニック (九州共立大)
50mタイム 6.0秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
大学時の強打には度肝を抜かれた。グシャッという音に聞こえたセンターフライが、そのままバックスクリーンの右を超えていった。もともと、この選手独特のポイントとタイミングがあった。センターから右中間への飛距離は人間離れして、昨春のスポニチ大会で神宮球場の右中間にライナー性で放り込んだ一打は、ほぼノンパワーなスイングで驚かされた。それが夏前あたりからすごく窮屈な打ち方になった。インパクトでのボールとの距離感がとれず、差し込まれがちになるから、その分遅れまいとして、体を早く開いてボールから早く目が離れてしまう。絶対にこんなもんじゃない。本来のポイントとタイミングを取り戻せば、西武・山川穂高すら追いかけていけるスラッガーだ。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部

はえぬきてつや 遊撃手
萠拔哲哉
179cm 73kg/右投左打
JR九州(京都学園大)
50mタイム 6.0秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
大学4年の「全日本大学選手権」、スラリと足の長い長身で、こんなに足首が柔らかく、足の裏をハダシのように使って動ける遊撃手はちょっといない…驚いたものだ。社会人の第一線で1年勉強を重ね、フィールディングはすでにプロ級に成長した。西武・源田壮亮のトヨタの頃に似ている。 大きく動いてもボディバランスを失わずに頭と腰の位置が低く、捕球→送球の連動性もリズミカル。送球時のトップがいつも同じ位置で正確なスローイング。安心してみていられる守備名人の資質十分だ。後方への蹴りの強烈なランニングスタイルも魅力。右肩で投球を捉える感じの「開かない打」は王道だが、ここからはどれだけコンパクトかつ強烈なインパクトを磨けるかだ。             

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部



やまもといつき 投手
山本一輝
180cm 80kg/左投左打
中京大(東郷高)
球速帯 136~143キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー/カーブ/チェンジアップ
コントロール率 64%
大学2年時の6月「全日本大学野球選手権大会」。リリーフのアウト9つを5三振に封じた。テークバックからリリースの寸前まで、体の向こうにボールが完全に隠れるフォームで、しかもエクステンション、つまりリリースの瞬間の踏み込んだ爪先とボールを放した指先の距離が2m3cm。思いきり打者寄りの空間でボールを放せて、打者は「体感スピード」に圧倒される。 メジャーでも2m弱という。まさに<天賦の才>だ。見えない球道。回転軸の傾きがほとんどなく回転数も2300近く。バックスピン抜群の一級品の<球質>を証明。速球と全く同じ軌道から動くチェンジアップ。<魔球>を2種類持っているようなもの。大舞台ほど実力を発揮する怖いもの知らずの左腕だ。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


もりひろと 投手
森博人
177cm 80kg/右投右打
日本体育大(豊川高)
球速帯 138~147キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/カーブ/フォーク
コントロール率 58%
高校時代は70キロもなかったはずの細い体が、大学の4年間で見違えるような筋肉量と安定感を備えた。全身のバネと肩にも強靭なバネを感じる猛烈な腕の振りから、140キロ後半の低めに伸びる速球の強さ、タテ横2種のスライダーの激しい変化に、強打者にもひるまず向かっていくガッツがキラリと光る。ゆったりテークバックをとり、一気に踏み込み体の左右を切り換えて腕を叩き下ろす。打者が思わず差し込まれる「フォームの緩急」を習得中。140キロ後半の速球の強さと、タテのスライダーの落差と鋭角的な変化。回転の少ないフォークにはチェンジアップ効果も潜む。空振りの三振を奪えるボールをいくつも用意して、後ろの1イニングで使ったら即戦力では。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


まつやままさひこ 投手
松山仁彦
177cm 80kg/左投左打
東海大(東邦高)
球速帯 136~144キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /チェンジアップ/カットボール/カーブ/スプリット
コントロール率 57%
エース・藤嶋健人(現・中日)で2016年春・夏の甲子園に連続出場した東邦高では、控え投手と「5番右翼手」をつとめた。レフトスタンドにも放り込む広角の長打力を発揮し、50m6秒0の俊足で三塁打も多く放ち、むしろ「打者」としての将来性を感じていたが、大学進学と同時に「投」に専念。3年春のリーグ戦から登板し、サイド気味の角度と小さなテークバックでボールのリリースが見にくいフォームから、スライダー、カットボール、チェンジアップとの緩急で、結構奪三振の多いサウスポー。昨年6月の大学選手権、9イニングのロングリリーフを1安打14奪三振。心身のスタミナに驚いた。先輩で巨人のリリーフエース・中川皓太の投球スタイルがそのまま重なる。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


まきしゅうご 二塁手
牧秀悟
178cm 92kg/右投右打
中央大(松本一高)
50mタイム 6.4秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
左打ちの学生球界№1スラッガーが近畿大・佐藤輝明三塁手なら、右打ちの№1バットマンはこの牧秀悟になろうか。1年秋からクリーンアップに抜擢されて、昨年は春のリーグ戦が0.400で首位打者、秋は0.361で2季連続ベスト9に選ばれる。チームでは不動の4番、学生ジャパンでもすでに<常連>で主軸を任される。ファーストストライクをひと振りでジャストミートできる技術と、ボールに逆らわず痛烈な打球を広角に飛ばせる能力は大学球界トップクラス。昨年暮の学生ジャパンの候補合宿でも、一日じゅう続く紅白戦で、夕方になってもジャストミートの精度が変わらない長続きする集中力に舌を巻いた。併殺プレーの動きもそつなくこなし、三塁も守れる。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


おおばたつや 遊撃手
大庭樹也
183cm 79kg/右投右打
専修大(明豊高)
50mタイム 6.0秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
ダイヤモンドが狭く見える華麗なフィールディングは、精度も高い。足長なのに腰が割れるし、柔軟な身のこなしでダイナミックに動けて、正確で強いスナップスローができる。以前なら石毛宏典(西武)、金子誠(日本ハム)、今なら坂本勇人(巨人)か…プロ球界で活躍した華のあるプレースタイルの大型遊撃手たちのイメージが重なる。無理やり振り回さないスイングスタイルにも好感が持てて、インパクトでボールを包み込むような柔らかい捉え方から、右中間、左中間へライナー性の長打を飛ばし、三塁打にもできるスピードも兼備している。「遊撃手」のレギュラーが固まりきっていない球団、今のレギュラーが過渡期を迎えている球団。人気が高まりそうな状況だが…。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


おがわりゅうせい 遊撃手
小川龍成
172cm 72kg/右投左打
國學院大(前橋育英高)
50mタイム 5.9秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
守備範囲に飛んでくる打球は、いつも当然のようにさばいてアウトにしていく。スーパープレーはなくても、バッテリーが打ち取ったと思った打球は間違いなくアウトに。高校の頃から「間違いのない守り」のできる遊撃手だった。安心して見られるフィールディングは、すでにプロ級の域に達している。ディフェンスなら、学生球界トップ3に入る遊撃手に成長した。決して急ぎ過ぎない捕球→送球で、まずポカがない。併殺時の二塁手への球出しのタイミングと、相手の動きに合わせようとするコミュニケーション能力。振り向きざまにロングのバックホームもストライクできめるカットプレー。これだけの野球センスが「打」に生きないわけがない。打の伸びしろに期待。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


いそばたりょうた 中堅手
五十幡亮汰
172cm 70kg/右投左打
中央大(佐野日大高)
50mタイム 5.6秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
中学時代に陸上200mでサニブラウンを負かしたことは有名だが、大学生の1、2年までは、まだまだ「陸上部からの助っ人」的な素人っぽさが残っていた。もの足りなかったバッティングのインパクトの強さと、投手に対する威圧感が、昨年あたりから別人のようにアップ。すっかり「野球選手」らしくなってきた。インパクトに力感が増して、140キロ台もパチンと強い打球で弾き返し、失投を1球で長打に仕留める怖い打者になりつつある。「サニブラウンを破った男」のキャッチは、野球には関係ない。いかにスピーディーに四角く走れて、盗塁のスタートがきれるのか。その点でも、十分プロ級にレベルアップ。大阪ガス時の近本光司(阪神)のレベルに接近していた。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


さとうてるあき 三塁手
佐藤輝明
186cm 92kg/右投左打
近畿大(仁川学院)
50mタイム 6.1秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
高校時代は全く無名の存在。最後の夏も1回戦敗退だから無理もないのだが、全国から優秀な選手たちが集まる近畿大で、入学直後からレギュラーに抜擢されたから、誰かと思った。持ち前の長打力を発揮しながらじわじわと腕を上げ、ここまでリーグ戦11本塁打。とうとう学生球界を代表する長距離ヒッターにのし上がった。打つだけじゃない。昨季は外野以外に三塁も守って、大柄な体を持て余さぬ身のこなしと、正確なスナップスローも体現。ショートもやれば出来るんじゃないか…セカンドをさせたら、今までの日本球界に1人もいなかったような「超大型二塁手」になれるのでは…。左中間突破の一打を三塁打にできる俊足も併せて、何通りも妄想がふくらむ逸材だ。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


ありむらたいせい 投手
有村大誠
185cm 88kg/右投右打
立命館大(秀岳館高)
球速帯 138~148キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カーブ/フォーク
コントロール率 62%
高3夏の甲子園、準々決勝の常総学院戦。3点リードの9回2死満塁。絶体絶命の大ピンチでリリーフのマウンドに上がり、タテのスライダーでバッサリ三振に斬ってとって、見事きり抜けてみせた。それまでが、今一つ頼りなかっただけに、そのへんがこの投手の大きな「ターニングポイント」になったのでは…その後、大学4年間の躍進ぶりがすばらしい。豪快に投げ下ろす腕の振りに<自信>がにじむ。1足分ほどインステップしてもどっしり支える磐石の下半身。150キロ前後の速球にタテのスライダー、大きな落差が武器のフォークで勝負。2年秋防御率0.67、3年秋0.92…2度の防御率トップは、確かな実力の証明。今週次第では、一気に上位(1、2位)候補にも。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


むらかみしょうき 投手
村上頌樹
175cm 75kg/右投左打
東洋大(智弁学園高)
球速帯 138~148キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー/カーブ /フォーク/チェンジアップ
コントロール率 68%
高校3年春のセンバツ、5試合連続完投の快挙で全国制覇。140キロ前後のスピードでもスピン抜群の球質。その速球と同様の腕の振りからチェンジアップを、両サイドにも高低にもできて、<ベストボール>が9回にも投げられるタフな心身。そんな<下地>を、そのまま大学でレベルアッア、パワーアップさせた。アマチュア球界に、こんなに欠点のない投手はほかに見当たらない。常時145キロ前後のスピードと、変化点の近いスライダーに必殺フォーク。多彩な球種のそれぞれに球速差をつけるさじ加減がにくい。すべての球種を両サイドに制御できて、3ボールからも粘れて四球を出さずに踏みとどまれるから、「先発・完投」を任せられる。欠点なしが欠点になるのか。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


きざわなおふみ 投手
木澤尚文
183cm 78kg/右投右打
慶應義塾高(慶應義塾大)
球速帯 145~155キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/スプリット
コントロール率 62%
昨秋ドラフト3位で楽天に入団し、1年目からリリーフ陣の一角として奮投する津留崎大成が慶應高の1年先輩。当時から「器ならずっと上」との評判だった。3年春に右ヒジ靭帯損傷。高校時代の不完全燃焼を、大学での実戦にぶつける。均整抜群の体躯と50m6秒そこそこで走る身体能力と強靭なバネが、まずすばらしい。コンスタントに150キロ前後をマークする速球を続けられるパワーもすばらしい。カットボール、スプリット、ツーシームが140キロ前後の高速で動いて、速球と同じ猛烈な腕の振りから投げ込んでくるので、思わずスイングを誘う。テークバックをコンパクトにして、肩・ヒジの負担を小さくとどめるフォームも身につけ、気迫満点の投球で臨む。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


やまのたいち 投手
山野太一
172cm 74kg/左投左打
東北福祉大(高川学園)
球速帯 138~149キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 チェンジアップ/スライダー /カットボール/カーブ
コントロール率 64%
左腕特有のぎこちなさがまるでなく、抜群のボディバランスでどっしりと投げ、数字より大きく見えるマウンド姿。小柄でも球筋に角度があって、快速球が右打者の懐をえぐる。球道を最後まで見届けて、ピッチャー返しの処理はプロ級の鮮やかさだ。半身を長くとれてジワ~ッと踏み込み、球持ちの良さと球筋の見にくさが抜群だ。わかっていても捉えきれないスライダーでカウントを奪って、絶品のクロスファイアーとシンカーで勝負を賭ける。昨季は、春・秋をまたいで70イニング3分の1無失点をマーク。1年時から全国の大舞台や国際試合の経験も数多くこなして、打者の打ち取り方、試合の作り方に優れた<感覚>を持っており、これが彼の「実戦力」になっている。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


うだがわゆうき 投手
宇多川優希
184cm 95kg/右投右打
仙台大(八潮南高)
球速帯 143~151キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 カーブ/スライダー/フォーク
コントロール率 55%
高校3年夏の県予選、たまたま完封勝ちした記事新聞で読み、次の試合を見に行った。長い手足を伸びやかに躍動させて140キロ前半…好環境でトレーニングを重ねたら、どんな剛腕に生まれ変わるのか?楽しみにしていたら、 「東北」で素質開花。3年間で体重が20キロほども増量。150キロに達した剛速球にスライダー、フォークを交えて圧倒する試合もあるが、強敵相手や「全国」の大舞台でもそれが体現できる場面を見てみたい。そこが、この「大器」の今年の正念場。パワーアップしても、パワーピッチャーじゃない。全身の柔軟性抜群で、「エイ!ヤー!」ではなく、全身の豊富な運動量から投げ込んでくる剛球は、腕が一瞬遅れて出てくる分、タイミングが難しい。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


おおみちはるき 投手
大道温貴
178cm 78kg/右投右打
八戸学院大(春日部共栄高)
球速帯 142~152キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/カーブ/チェンジアップ
コントロール率 62%
絶対的存在・高橋優貴(現巨人)の抜けた後の昨季、右のエースとしてチームを支えた。140キロ前半でも、打者が150キロに振り遅れたような空振り。真上から投げ下ろすのに、アンダーハンドの速球のようにホップして見えるバックスピン。7、8分の力感で投げた時の速球は両サイドに制御も効いて「生命力」抜群だ。真下に落下する落差の大きなカーブと、タテのスライダーも必殺ものだ。今春、150キロ台に達して、体感スピードで勝負するタイプだったのが、それにスピードガンの表示が追いついてきた。昨秋からのトレーニングの成果だ。体がパワーアップしたぶん、首を振って無理して投げなくなって制球力も安定。学生球界有数の快腕にレベルアップしてきた。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


えんどうきせき 投手
遠藤暉世己
187cm 87kg/右投右打
青森大(稚内大谷高)
球速帯 138~147キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー/カーブ
コントロール率 58%
高校時代は「3番一塁手」が本業だったが、当時、186cm84kgのサイズでストライドの大きな推進力の強い走りができて、柔軟な身のこなしとしなやかな腕の振り…「投手」としての潜在能力が見え隠れしていた。大学入学と同時に投手一本に。2年間かけて体を作り、昨年3年時から抑え役として奮投し昨春はリーグ優勝。長身から投げ下ろす速球は好調時には150キロ近く、打者をヘッドアップさせて、真タテに落下するカーブと鋭く落ちるスライダーを交えて三振を奪う。昨秋リーグ戦では26イニング33奪三振…奪三振率も高い。無類の練習熱心も将来性だ。隠れていた自らの才能に気づき始めて、今が伸び盛り。本人もこれまででいちばん野球が楽しい時期だろう。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


いりえたいせい 投手
入江大生
187cm 83kg/右投右打
明治大(作新学院高)
球速帯 138~148キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/カーブ/フォーク
コントロール率 56%
忘れられないのは、高校3年夏の甲子園。全身をしならせるようなスイングからレフト上段まで運んだ140m弾。優勝までに3試合連続ホームラン… 2年前の智弁学園・岡本和真(現巨人)を追いかけていける和製大砲の誕生だと喜んだら、明治大進学でスパッとバットを捨てたから驚いた。2年間、基礎体力を養成して、昨秋からリーグ戦の投球が輝き始めた。145キロ前後の速球に右打者の腰を引かせる変化点の近いスライダー。ピンチに一気にテンションアップする投げっぷり。一時は1年後輩の竹田●●(履正社)がエース格の勢いだったが、「オレを忘れるな!」と腕の振りに怒りがこもっていた。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


なかがわはやて 投手
中川颯
184cm 80kg/右投左打
立教大(桐光学園高)
球速帯 133~140キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 カットボール/カーブ/シンカー
コントロール率 58%
183cmの長身でこれだけ潜れるアンダーハンドはちょっといない…と驚いた高校時代。テークバックで両肩の線が地面に垂直近くに潜れて、重心の低さ、足腰の粘り、腕の振りのしなやかさ、本物のアンダーハンドの資質満載だった。一方で、しなやかでコンパクトな振り幅で振り抜いてライナーで右中間突破。「アンダーハンドの大谷翔平」が現れたと思った。美しい「サブマリンライン」は高校時と変わらず、あともう一瞬、浮上のタイミングを遅らせることができれば、前でリリースできて、打者を差し込める速球が投げられるのだが…。大学当時、130キロ前半だった専修大・高橋礼が、ソフトバンクの2年間で145キロ前後に増速。間違いなく、足跡を追える存在だ。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


いまにしたくみ 投手
今西拓弥
200cm 90kg/左投左打
早稲田大(広陵高)
球速帯 138~145キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/チェンジアップ
コントロール率 63%
2mの超・長身の左腕で、上手にまとめた身のこなしと器用な左腕のたたみ込みができる。140キロ前半でも抜けたボールがほとんどなく、指にかかったボールを低いゾーンに集められる。ここまでで、十分に「天才」と言ってよい。超・長身のスリークォーター、それだけで「見にくさ」というアドバンテージを持ち、長いリーチを器用にたたみ込んで腕の振りにスピードをつけているので、タイミングが難しい。クロスファイアーの球筋は、わかっていても手が出ないはず。大学4年間に、少しずつ少しずつパワーアップしている…その「成長曲線」がいい。地に足の着いた成長…そんな表現でよいだろう。「ドラ1」と言い切るスカウトがいるのも、ぜんぜん不思議じゃない。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


しばたじん 投手
柴田迅
178cm 77kg/右投右打
早稲田大(早稲田大学高等学院)
球速帯 137~149キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/チェンジアップ/カーブ
コントロール率 63%
「ドラフト候補名鑑」の中に、母校(早稲田大学高等学院)の名を記せる幸せ。この仕事、長くやっているが、この投手が初めての<経験>になる。高校時代は、「学院野球部史上最高」の快腕と評されるものの、全国的には全くの無名。「早稲田大学野球部」で育てていただいた。3年時から、短いイニングのリリーフでコツコツ実績を重ねて、チームの信頼を得た。アッと思ったら、入られていて…東京六大学の強打者たちが嘆くほどのバックスピン抜群の速球の<質>がすばらしい。打者の顔色を見計りながら、器用に投げ分ける多彩な変化球で、タイミングを外してフルスイングを許さない。ピッチャーだなぁ…と唸らされる。プロか、パイロット…学院生らしい。頑張れ!

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


はやかわたかひさ 投手
早川隆久
180cm 76kg/左投左打
早稲田大(木更津総合高)
球速帯 143~150キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/チェンジアップ/ツーシーム
コントロール率 65%
しなやかな身のこなしから、目一杯打者寄りでボールを切って、130キロ前半でもどん詰まり。プレート一塁側から厳しい角度で投げ込むクロスファイアーの威力は無敵だった高校時代。速い球を投げようとし過ぎないから、逆に打者がスピードを感じていた高校時代から、大学4年間で著しくパワーアップ。150キロの大台に届いて、鋭くすべるスライダーにチェンジアップとツーシーム。これだけあって左腕なら、打たれるわけない…のがなぜか打たれる。力を入れて投げるようになって、体の開きが早くなったか。昨秋以降、特に速球を痛打される場面が何度か。投手の仕事は、打者のタイミングを崩すこと。「強弱」で遊べるようになれば、新たな「投の世界」が広がる。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


やまざきいおり 投手
山﨑伊織
181cm 76kg/右投左打
東海大(明石商業高)
球速帯 144~153キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/カーブ/フォーク
コントロール率 58%
柔軟でしかも強靭な腕の振りは、才能以外の何物でもない。セットポジションからもアベレージ140キロ後半の快速球と135キロ前後の落ちるスライダーとカットボールは、プロで勝負球になる切れ味だ。昨秋は43奪三振をマークして、春・秋連続MVPの快挙を果たしたが、駒を進めた明治神宮大会で登板できなかった右ヒジ痛の具合が気になっている。疲れのせいか、体のキレが乏しくなったぶん、テークバックが大きめになって、体を振って反動で投げようとしていたような…ヒジが低くなって、アーム気味の頭から離れた腕の振りになっていたように見えた。本人、絶対の自信を持つ快速球とスライダー、カットボール…投球の<芯>を持った投手はやっぱり強い。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


いとうひろみ 投手
伊藤大海
176cm 82kg/右投左打
苫小牧駒大(駒大苫小牧高)
球速帯 143~146キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー/カットボール/カーブ/ツーシーム/フォーク
コントロール率 63%
駒大苫小牧の高校時代から指のかかりが違っていた。関節2つ分は指がかかっているようなグーンと伸びる体感の剛速球が低めにもガンガン。さらに、大舞台でも平然と投げられる大物感。2年春のセンバツでは、創成館を3安打完封していた。大学2年時の全日本大学選手権では、すでに2年後の「ドラフト1位」が約束されていた。空振りさせた速球がスイングの上方を通過する猛烈なバックスピンは、偉大な先輩・田中将大投手のようだった。「試合前のキャッチボールを見て、もうダメだと思った」…完璧に封じられた相手監督が嘆いた。唸るような剛速球だけじゃない。すべてストライクゾーンで操れる多彩な変化球には、今季フォークが加わり、さらに難攻不落の存在に。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部



かんの たもん 二塁手
菅野赳門
175cm 76kg/右投左打
JR東日本東北(駒澤大)
50mタイム 6.1秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
選手たちを圧するプレッシャーは「本戦」以上といわれる都市対抗予選で、ルーキーながら3試合で14打数7安打6打点、本塁打も放ってリードオフマンの大役をあっさりこなした昨夏。シーズン通しても、チーム№1の0.361の高い打率をマークして、コンスタントな働きでチームに貢献した。仕掛けの早いバッティング…ファーストストライクから果敢にフルスイングできて、高い精度で痛打、快打にしてみせる。それが、試合開始早々の第一打席なら、相手に与える動揺は大きく、「ヒット1本」以上の精神的な打撃を加えられる。出塁率が高くて、小技が効いて、進塁打が打てる。二遊間をどちらも同様のレベルでこなす。こういう選手がベンチにいる安心感は意外と大きいものだ。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


まえのよしひろ 外野手
前野幹博
185cm 85kg/右投左打
ヤマハ (PL学園高)
50mタイム 6.2秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
入社した当時は、いずれプロでクリーンアップを打てる選手と見ていたが、いつの間にやら今季7年目。当たればプロより飛ばすみたいな当てになるような、ならないような、いわゆる「一発屋」だった時期が長かったが、昨年あたりからようやく実戦のここ一番で飛び抜けた長打力を発揮して勝利を呼び込む<主軸>の働きを果たせるように。ツボが出来たように思う。真ん中ないしはやや内寄りの低め。ややアッパー気味のスイング軌道がハマって、見えなくなるほど飛んでいく。そんな場面に何度か出会った。三塁との掛け持ちから、ライト専従になって、動きが大胆になって、エンドラン3進を阻止できるスローイング能力を発揮。今季さらにもうワンパンチを。 

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


ほったあきら 投手
堀田晃
180cm 83kg/右投右打
西濃運輸 (大阪学院大)
球速帯 142~150キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー/カーブ /フォーク
コントロール率 65%
高校から大学に進学して、大学から社会人に就職して、野球のレベルが間違いなく1ランク上がっているのに、すぐにローテーションに入って実戦の戦力になれてしまう。「突き抜けたセンスを有する者は、より高い次元に置かれた時ほど、実力を発揮する」。これは、私の「天才論」だが、それを地で行くような大学・社会人の7年間だった。社会人の最初の2年間は「先発」で中盤まで試合を作り、一転、昨季は「リリーフ」で試合終盤のしめくくり役を担った。1イニング限定で投げた時の速球の<唸り>はすごかった。合間にフォークを時々はさむぐらいの、ほぼ140キロ後半一本。ホームベース上でグーンと加速するような体感は、自信に満ちた腕の振りだから余計に効いた。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


なかのたくむ 遊撃手
中野拓夢
172cm 67kg/右投左打
三菱自動車岡崎(東北福祉大)
50mタイム 5.8秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
左から右へ流れるような身のこなしでゴロをさばき、一塁手の顔面集中の捕りやすい正確送球。二塁ベースカバーで逆を突かれても、一転、体勢を切り換えして打球のコースに入っていく反応の鋭さとスピード感がすばらしく、強い打球もソフトに球勢を殺して捕球できるグラブさばきのセンスは間違いなく「プロ仕様」だ。大学当時は、「二塁手」として上手いなぁ…と見とれたが、社会人1年目の昨季は、「遊撃手」として、それ以上の才能を感じたものだ。無名の存在として三菱岡崎に入社、地道な努力で確かなスキルを獲得してプロに認められ…チームの先輩・山野辺翔(現西武)の足取りが重なってくる。1、2番タイプのように見えて、打席の捕手寄り、「スラッガー」の立ち位置からの鋭いスイング。抜群の瞬発力とバネは抜群。打者としての意地も見える。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


いしぐろりょう 外野手
石黒凌
180cm 83kg/右投右打
日本製紙石巻 (星槎道都大)
50mタイム 6.1秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
プロが求めている右打ちのスラッガーとして、今季のドラフトの有力候補の一人だ。強烈なフルスイングとガツンと振り抜こうとする意欲が魅力だけに、強引に振り回す粗さもあったが、2年目の昨夏、都市対抗の東京ドームで低めのスライダーを逆方向のライトスタンドに持っていった打ち方には驚いた。まさに、「インサイドアウト」。体の内側からバットヘッドを走らせ、強く振り抜いたスイング軌道。左方向への長打は、あってもすでに普通のことになっている。打の世界が広がった。この選手の「打の次元」がワンランク高まった瞬間だった。内野手がいつでもカットできる高さで、送球がぐんぐん伸びる鉄砲肩に俊足も兼備して、社会人3年目の今季、背水の陣でドラフト戦線に臨む。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


まつもとりゅうや 投手
松本竜也
177cm 85kg/右投右打
ホンダ鈴鹿(智辯学園)
球速帯 138~148キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/カーブ/フォーク
コントロール率 64%
高校3年のセンバツで熊本工を3安打12奪三振で完封。1年上にセンバツ優勝投手・村上頌樹(現・東洋大)を見て育ったせいか、パワーはあるのに振り回そうとせず、丁寧に投げ進めるスタイルに好感を持っていた。力任せにならず、変化球や制球力に欠点の少ない投手だったから、社会人1年目から日本選手権・準々決勝に先発。社会人2年間の昨季も、パワーアップしているはずなのに、それでも決して力に頼った投げ方にならず、リリースに全身の力を瞬発させるスタイルで、体感速度は目測145キロ前後。低めが生命力を失わずグッと来るのは財産。スライダー、カープでサッとカウントを奪う技術も身につけつつ、今季はプロ待望の<150>の大台に乗せた。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


ゆあさしょうた 遊撃手
湯浅翔太
181cm 78kg/右投左打
七十七銀行 (城西国際大)
50mタイム 6.1秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
大学時から全国の舞台も多く踏んで経験値も高く、走・攻・守高いレベルで三拍子そろった遊撃手。緩急にも対応できて、確実なミートでライナー性の痛打を見舞う。学生当時は、ボールになる沈む系を追いかけて打ち損じていたが、社会人2年間で解消傾向。打ち取りにくい打者に成長。三遊間からも高い精度で一塁に刺せる強肩は、間違いなくプロ級。大型遊撃手でも、全身を小さくまとめて左右に動けるメカニズムを持ち、大味感はまったくなし。初見の投手相手にも、最初からスタートがきれる走塁のカンとスピードも兼備。あとは、何がなんでもプロで!の意欲をどこまでわかりやすい形でアピールできるか。なりふり構わぬ、ガムシャラさがほしい。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


もりいげんと 投手
森井絃斗
184cm 94kg/右投右打
せガサミー(板野高)
球速帯 142~150キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/カーブ/フォーク
コントロール率 63%
こういう言い方は失礼かもしれないが、こんな田舎の無名の投手が、なんと高い意識で野球をしているのか…エースとしてチーム全体に目を配り、気を配りながら140キロ後半の速球と変化球を低く集め、接戦の終盤には、セフティバントで出塁しようと一塁にヘッドスライディングまで敢行。そういう投手だから社会人デビューも早いだろうと思っていたら、2年目の昨季から公式戦の先発登板。今春の公式戦では9回途中まで2点に抑えて、成長の跡を見せた。アベレージを140キロ後半に伸ばし、勝負球の130キロ後半の高速フォークが2種、鋭く落ちる。同期の本格派右腕・飯田大翔(21歳・178cm86kg・右投右打・長崎海星高)と共に、今季の台頭がとても楽しみ。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


いとうゆうすけ 投手
伊藤優輔
178cm 80kg/右投右打
三菱日立パワーシステムズ (中央大)
球速帯 140~150キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー/カットボー ル/チェンジアップ/カーブ/フォーク
コントロール率 61%
都立高のエースとして甲子園に出場し、進学した中央大でも故障と闘いながら「激戦・東都」のリーグ戦に奮投。間違いなく「持っているヤツ」だ。三菱重工長崎との合併でサバイバル激しいチーム事情の中でも、ルーキーイヤーの昨季から、浜屋将太(現・西武)と共に左右の二本柱としてチームを支え、高レベルの社会人の公式戦で防御率2.57なら、実質「新人王」に匹敵する。好調時の140キロ後半は、まさに唸って来る剛速球だ。ひたすら、速球で押し続ける若々しいピッチングスタイルは大きな魅力だし、豊かな将来性。2年目の今季は、公式戦で痛い目にも遭いつつ、150キロ台へのパワーアップも期待していた。器として「ドラフト1位」を望める剛腕だ。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


たかせゆうだい 遊撃手
高瀬雄大
179cm 75kg/右投左打
明治安田生命 (明治大)
50mタイム 5.8秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
中央では誰も知らないような存在だった高校時から、エースで4番で、内野も外野も高い水準で守れて、身体能力抜群…あり余るほどの素質がいったいどこで開花するのか、ずっと楽しみにしていた。実戦の機会少なかった学生時代から社会人で「1番ショート」に抜擢されて、水を得た魚の如く野球が輝いていた昨季。すぐにレギュラーで使ってもらえるチームに進んだのがよかった。出色の野球センスと身体能力が、実戦を重ねるごとに輝きを増す。今年の「注目株」の一人だ。本能で動いて理にかなった身のこなしに。プレッシャーMAXのはずの都市対抗で、1年目の初戦から3打数3安打2打点の四球を2つで全打席出塁。しっかりハラの据わった「九州男児」のようだ。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


かわせこうさく 投手
川瀬航作
182cm 87kg/右投右打
新日鐵広畑(京都学園大)
球速帯 138~145キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー/ツーシーム/カーブ/ スプリット
コントロール率 63%
経験者でもヒザが震えると聞く都市対抗予選で、1年目の昨季から21イニング投げて、わずか1失点。代表決定戦では、強敵・NTT西日本を完封してしまった「怖いもの知らず」だ。大学当時から「オレが打たれるわけがない…」と本気で思いながら投げているはず。リーグ戦ではMVPを2回、当たり前のようにリーグ優勝を繰り返し、「神宮」での大舞台も3回出場している。<無名>でも、経験値は人一倍だ。一気に胸まで引き上げる左膝の高さに<闘志>を感じる。サイドから145キロ前後の速球なら、勝手に動いて天然の変化球に。逆に、激しく動くツーシーム、スプリットを低く沈められるのも高い実戦力だ。おそらくは、研究され尽くす今季。進化が問われる。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


おちたつや 外野手
越智達矢
179cm 79kg/右投右打
日本生命(明治大)
50mタイム 6.2秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
通算47本塁打の高校当時も、3年生からレギュラーを獲得した大学時も、「4番」しか似合わない…そんな存在感を漂わせ、タイミングが合えば長打の怖いバッターだった。社会人1年目の昨季も、都市対抗の本戦から4番に抜擢され、打線の主軸を期待された英才教育を大舞台で実践。まだまだコンスタントな<結果>は得られず、試合ごとに打の質は波が激しいが、昨秋の日本選手権・東京ガス戦では3ランと二塁打、4安打5打点の<爆発力>。勝負強さを兼備したスラッガーとして、非凡さの片鱗と見せてくれた。大学時からプロも熱く注目するのは、貴重な右打ちのハードパンチャーだから。守備力も含め、総合力としてプロの定位置を狙える選手だけに、一層の奮起を。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


いけやそうた 投手
池谷蒼大
174cm 77kg/左投左打
ヤマハ(静岡高)
球速帯 136~145キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/チェンジアップ/カーブ
コントロール率 63%
痛めていた腰がパンとなってからは、小柄で非力そうに見える体で、キャッチボールのようにヒョイと投げたボールがギューンと伸びていって、当時、高校球界トップクラスの打者だった同僚の鈴木将平(現・西武)すら、ミートポイントを掴めず四苦八苦していたものだ。「3年でプロへ!」の意気込みで社会人に進み、勝負の3年目だ。昨季は都市対抗予選、本戦にリリーフで登板。1イニングでも三振を奪いながら0点で抑え、持ち味のクロスファイアーとスライダーが軽快なテンポのピッチングで冴えてきた。長いイニングのリリーフから先発陣の一角へ。小柄でも投げるパワーとリリースの指先感覚は一級品。「生きたボール」を投げられる数少ない左腕に進化中だ。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


もりしょうへい 投手
森翔平
184cm 85kg/右投右打
七十七銀行 (國學院大)
球速帯 138~146キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー/カットボー ル/カーブ/フォーク
コントロール率 58%
「楽天・森雄大投手の弟」…そういう表現でしか語られなかった大学当時まで。手足が長くて、ストライドの大きなランニングフォームを見ると、全身のバネの強さや柔軟性は間違いなく一級品。恵まれた素質が社会人の2年間の努力で開花しつつある。体があっさり開いて、腕と頭が離れた状態で腕を振っていたフォームが、右肩を打者に向けている時間が長くなり、半身の姿勢で踏み込んで、最後の最後に一気に体の左右を切り換えす。<王道>の投球フォームを身につけつつある。145キロ前後にスピードアップした速球にカットボール、フォークを主な武器にして、フォームが良くなって打者目線からすれば、リリースがすごく見にくくなった。大輪の華が開花目前だ。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


くりばやしりょうじ 投手
栗林良吏
177cm 80kg/右投右打
トヨタ自動車(名城大)
球速帯 142~151キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/チェンジアップ/カーブ/ツーシーム/スプリット
コントロール率 62%
大学時は、大きな故障もなく、いつもコンスタントなピッチングでリーグ戦通算32勝。エースの座を4年間全うしてみせた。「きのう今日」のヤツじゃない。こういう選手は信用できる。ルーキーですでにエース格の投球を披露してみせた昨季、初めての都市対抗の大舞台でも、試合巧者・三菱自動車岡崎を7回途中まで2安打7奪三振の無失点に抑え、確かな「実戦力」を証明してみせた。カットを見せて140キロ前半の速球を速く見せ、落下スピードの速いカーブかフォークで勝負。速球にもカウント球と勝負球で出力を変えて、ここ一番で一気にギアチェンジ。メリハリの効いた投げっぷりが光る。新兵器のカープは垂直落下して空振りが奪え、「プロ」への準備は整った。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


あいざわりょうすけ 中堅手
逢澤崚介
175cm 77kg/左投左打
トヨタ自動車(明治大)
50mタイム 5.8秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
高校時から<指定席>はリードオフマン。しかし、そのバッティングスタイルはどう見ても「スラッガー」。実際に、タイミングが合えば、当時からプロ級の猛烈打球を飛ばしていた。「選球眼」には2通りある。ストライクとボールを選り分ける眼と、打って快打になるボールを選んで快打として弾き返す眼。前者は大学時から一級品で、立上りの先発投手をグラリとさせていたが、今季は「後者」をさらに磨きたい。まだ勝負が淡白。足や小技も駆使し、投手に嫌がられる存在になりたい。せっかくの鉄砲肩なのに力任せなスローイングが勿体なかった学生時代。一発勝負のトーナメントの世界に戻り、より高精度のプレーを要求されたはずだ、守備ワークはずいぶん丁寧になった。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


こくぼきよし 投手
小久保気
179cm 83kg/右投左打
西濃運輸 (四国学院大)
球速帯 136~145キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/チェンジアップ/カーブ/フォーク
コントロール率 61%
2017年の全日本大学選手権、試合前のキャッチボールと遠投で、「これはいいピッチャーだな…」と心がときめいた。テークバックから体重移動にかけての<間>が実にいい。じわーっとゆっくりとタメが効いて、踏み込んで一気に腕を振り下ろす。このタイミングは、<初見>では苦労するぞ…と見ていたら、東北福祉大の強打線があれよ、あれよの5安打完封。ピシャリ捉えられた長打は1本もなかった。この右腕が「全国区」に躍り出た瞬間だった。社会人でも入学後まもなくローテーションの一角を占め、高レベルの「東海」でも有数の快腕に台頭した。やはり、持ち味は<間>だ。140キロ後半の速球とフォークでバッテリー間の「タイミング」を支配して打者を翻弄する。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


みやうちはるき 投手
宮内春輝
176cm 76kg/右投右打
日本製紙石巻 (明星大)
球速帯 138~146キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー/カットボー ル/カーブ/フォーク
コントロール率 58%
高校、大学当時は全く無名の投手が、社会人に進んだ途端に、1年目からチームの「守護神」として奮投。人の一生の<ちょっと先>なんて、わからない。昨夏はルーキーながら補強選手として都市対抗に出場。間違いなく野球人生最大の「ひのき舞台」だったにも拘らず、全く物怖じすることなく、ほとんど速球一本のイキのいいピッチングを披露して、周囲を驚かせたものだ。サイドハンドよりちょい低めの腕の角度から、リリースの一瞬の瞬発力がすばらしく、140キロ前半の速球を打者がものすごく速く感じている。打てるものなら!の気迫と投げっぷり、マウンド度胸…昨季は怖いもの知らずの勢いがあった。投球イニングも増え、研究もされるはず。今年の注目株だ。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


みねもとたくみ 二塁手
峯本匠
173cm 78kg/右投左打
JFE東日本 (立教大)
50mタイム 6.3秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
高校時、相手外野陣が深く守っているその頭上を痛烈な打球で抜いていくバッティングを見て、「天才だな…」と唸ったものだ。「東京六大学」なら、二度ぐらい三冠王を獲得してもぜんぜんおかしくない…そう思ったら、なかなか持ち味を発揮できぬまま、大学4年春には左足ヒ骨骨折。「終わったか…」の懸念は、新たにノビノビ野球ができる環境を得て、一転、野球人生が開けてきた。1年目から元気いっぱいに「3番セカンド」に定着。都市対抗では特に準決勝、決勝の正念場で快打連発。より大きな舞台でこそ、実力を発揮する野球技術、勝負根性は文句なし。初優勝の原動力の一翼を担って、若獅子賞(新人賞)を獲得。今季は、さらにコンスタントな結果の上積みを。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


ひらやまかい 三塁手
平山快
181cm 88kg/右投右打
JFE東日本 (東海大)
50mタイム 6.5秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
東海大相模でも、東海大でも、「4番・平山」のイメージしかない。それでいて、派手な活躍の記憶がないのも、この選手の特徴かもしれない。実際には、最後のリーグ戦で「三冠王」に輝いており、目立たないけど、いてくれるとこんなに頼りになる「仕事師」もいない。そういうタイプだ。「4番を打ってもらうために獲った」と落合成紀監督が言いきるだけに、新人とは思えない落ち着きと貫禄が漂った昨季。確かなインサイドアウトのスイング軌道から、正面の打球でも野手が腰を引く打球スピード。都市対抗の準決勝、決勝では5安打3打点…勝ち越し二塁打に本塁打と大暴れした。高校、大学、社会人とトップレベルの大舞台でもまれた経験値の高さと実戦力で勝負だ。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


ささきたける 投手
佐々木健
179cm 84kg/左投左打
NTT東日本 (富士大)
球速帯 143~148キロ けん制・
守備
緩 急 実践力
球 種 スライダー /カットボール/チェンジアップ/カーブ
コントロール率 44%
身長のわりに腕が長く見える腕の振りで、その運動量がすばらしい。スピードボールを投げるメカニズムは飛び抜けたものを持っているが、抜群のパワーを全身のボディバランスが制御しきれない。それが「現状」ではないか。1年目の昨季は、立ち上がりで「マウンド」の感覚を掴めないうちに連打、四死球で崩される場面が何度か。数少ない<飛び道具>のスライダーを、ヒジから先で曲げようとして打者にわかってしまうのか、真っすぐの狙い打ちを食らうのが惜しかった。指にかかった時の140キロ後半は、間違いなくプロでも空振りの三振を奪える球威。巧妙な一塁けん制は大きな「戦力」になる。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


いまがわゆうま 外野手
今川優馬
176cm 84kg/右投右打
JFE東日本 (東海大北海道)
50mタイム 6.2秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
高校時は甲子園に出場しているのにレギュラーには届かなかったが、大学の後半あたりから、目の前のモヤモヤが一気に晴れたように、ブンブンバットを振れるようになった。そして昨年、社会人1年目の大活躍が、この選手の「野球的人生」を一変させた。練習して上手くなった自覚があるのだろう…努力を惜しまぬ姿勢は、それ自体、将来性だ。打球に角度をつけて弾き返す彼特有のスイング軌道から、レフトにも右中間にも放り込む。時に投手を威嚇するようなオーバースイングもあるが、これは計算づくだ。追い込まれると、コンパクトな振り幅から鋭く振り抜いて精度を上げる怖い打者だ。今年は警戒される。内を突かれ、誘い球も増える。今季に真価が問われる。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


かたやませいぞう 一塁手
片山勢三
176cm 105kg/右投右打
パナソニック (九州共立大)
50mタイム 6.0秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
大学時の強打には度肝を抜かれた。グシャッという音に聞こえたセンターフライが、そのままバックスクリーンの右を超えていった。もともと、この選手独特のポイントとタイミングがあった。センターから右中間への飛距離は人間離れして、昨春のスポニチ大会で神宮球場の右中間にライナー性で放り込んだ一打は、ほぼノンパワーなスイングで驚かされた。それが夏前あたりからすごく窮屈な打ち方になった。インパクトでのボールとの距離感がとれず、差し込まれがちになるから、その分遅れまいとして、体を早く開いてボールから早く目が離れてしまう。絶対にこんなもんじゃない。本来のポイントとタイミングを取り戻せば、西武・山川穂高すら追いかけていけるスラッガーだ。

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部


はえぬきてつや 遊撃手
萠拔哲哉
179cm 73kg/右投左打
JR九州(京都学園大)
50mタイム 6.0秒
スローイング 走塁力
守備力 勝負度胸
パワー 実践力
大学4年の「全日本大学選手権」、スラリと足の長い長身で、こんなに足首が柔らかく、足の裏をハダシのように使って動ける遊撃手はちょっといない…驚いたものだ。社会人の第一線で1年勉強を重ね、フィールディングはすでにプロ級に成長した。西武・源田壮亮のトヨタの頃に似ている。 大きく動いてもボディバランスを失わずに頭と腰の位置が低く、捕球→送球の連動性もリズミカル。送球時のトップがいつも同じ位置で正確なスローイング。安心してみていられる守備名人の資質十分だ。後方への蹴りの強烈なランニングスタイルも魅力。右肩で投球を捉える感じの「開かない打」は王道だが、ここからはどれだけコンパクトかつ強烈なインパクトを磨けるかだ。             

文:安倍昌彦、写真提供:ホームラン編集部



2020年ドラフト最強名鑑
2019年ドラフト最強名鑑
2018年ドラフト最強名鑑
トップ運営管理利用規約野球教室・店舗登録広告掲載お問い合わせ掲載ログイン